佐藤 正伸 Masanobu sato

インストラクター紹介

佐藤 正伸 Masanobu sato

 

ニックネーム:マサ

出身地:青森県 

活動地:ワールドワイド!

URL : http://masapple22.hatenablog.com

E-mail : tangemasapple@gmail.com

自己紹介文

青森生まれ青森育ち、青森のリンゴ園の息子としてリンゴに囲まれた環境ですくすく成長。大学卒業後、英語を学びたくてニュージーランドに1年間滞在。ニュージーランドに行くにあたって一冊だけ日本語の本を持って行こうと思って手に取った『名言セラピー』で人生観がガラリと変わり、『名言セラピー++』で読者として話を掲載していただいたのをきっかけにひすいこたろうさんとのご縁をいただき、その後、漢字ぃ〜ズとして『漢字幸せ読本』、『漢字セラピー』という本の出版に携わらせていただき、言葉で表現することの喜びを実感。現在はひすいこたろう氏と共に『ザまなゆいピクニック!』を開催するなど、まなゆいをとおして仲間と共に最高の時空間を創っていくことをテーマに活動。夢は日本中、世界中でまなゆいピクニックを行い、仲間と共に美しい景色と想いを分かち合い感動の涙を流すことです^^

今の自分につづく人生のターニングポイントになった出来事

11年前に本屋さんで『名言セラピー』を手に取ったことが僕にとって人生のターニングポイントになりました。そこからひすいさんとのご縁に繋がり、まなゆいに出会い、たまちゃんやインストラクターのみんな、たくさんの素晴らしい方々とのご縁に繋がっていることが本当に嬉しいです。まなゆいインストラクターになることを決心するまでもすごくすごく迷ったりもしたんですが、その迷いも含めて自分の素直な気持ちをまなゆいしていったら、「それでもやっぱりまなゆいを学びたい!」という想いが溢れ、その時に「自分の声を聞いてくれてありがとう」という感覚に包まれて感謝の涙が止まらなくなり、まなゆいインストラクターになろうと決心することができました。いま思うと、あのとき自分の声に従って本当に良かったです。そのおかげで、どんな感情や想いも美しく、そこには愛があるということを感じられるようになってきました。

まなゆい に関してのエピソード

まなゆいをとおして気づいたこと、感じたことはざっと数えても42個はあるんですが(笑)、その中でもすごく大きな気付きだったのは、「ぼくはただただ、どんな自分もゆるしたかっただけなんだ」ということでした。でもこれは決して一人では気付けなかったことです。まなゆいさんとのご縁を頂いたからこそ、まなゆいの在り方で愛と信頼の眼差しを向けることの素晴らしさや応援できることの喜びに気付くことができました。まなゆいさんのおがげで、まなゆいの在り方で、愛と信頼の眼差しをこれからは自分にも向けてあげればいいんだと気付くことができました。受け入れ認めゆるし愛するということの尊さは、まなゆいさんが教えてくれた大切な大切なギフト。この想いがぼくにとってのまなゆいを支えてくれているものだと感じています。

自分らしいまなゆいの活動のご紹介

”おいしい!たのしい!まなゆい!”をテーマにした「ザまなゆいピクニック!」をひすいこたろうさんと一緒に不定期で開催しています。最高の場所で、最高の仲間と、最高の料理を食べながら自分らしさを深めるピクニック♪次回は7月に新潟で開催です^^

また、6月からはたろうちゃん(塩坂太郎さん)と一緒に「Men’s MANA-YUI(メンズまなゆい)」も開催します!こちらはまなゆいのエッセンスを学べるだけでなく、自分自身の夢や望みを仲間と共に応援し合いながら進んでいけるという企画です。どうぞお楽しみにー^^

まなゆいから見えるビジョン(自分らしいまなゆいの活動を通して)

お互いの素晴らしさや想いを分かち合える仲間と共に、一人一人が望む世界と繋がり、どんな”あなた”も、どんな”わたし”もすでにこの世界に受け入れられ、認められ、ゆるされ、愛されている存在として、喜びの循環の中を生きている私たちを受け入れ、認め、ゆるし、愛しています。